【自動計算】 飲食店用 ITサービス利用別損益分岐点売上高

飲食業

入力例1 ラーメン屋 店内のみ

ラーメンの客平均単価が950円のお店と仮定

基準販売価格(客単価) 950円

と入力

店内のみなのでUberEatsや出前館のようなオンラインデリバリーサービス及びLineポケオのようなテイクアウトアプリサービスを使ってないので

販売手法別販売比率の比率

店内 or 直接テイクアウト 100% 
テイクアウトアプリ(Lineポケオ等)0%
フードデリバリーサービス(UberEats等)0%

と入力

入力例2 直接テイクアウトとUberEatsとLineポケオのみの飲食店

販売手法別販売比率の比率

店内 or 直接テイクアウト 40%
テイクアウトアプリ(Lineポケオ等)30%
フードデリバリーサービス(UberEats等)30%

で入力

なるべくシステム手数料のかからない直接テイクアウトに誘導したいので

直接テイクアウトは、値下げして、一番手数料の高いUberEatsは、値上する。

販売手法別値上下率

店内 or 直接テイクアウト -10%
テイクアウトアプリ(Lineポケオ等)0%
フードデリバリーサービス(UberEats等)15%
システム手数料率は、Lineポケオは15%、UberEatsは35%なので以下のように入力
販売手法別変動費率
店内 or 直接テイクアウト システム料率 0%
テイクアウトアプリ(Lineポケオ等)15%
フードデリバリーサービス(UberEats等)35%

コメント